満天の星

石松高校2年生“磯野満天”はチビで小心者だったため、いつもいじめの対象になっていたが、心の中では強くなりたいという気持ちを持っており、意を決してボクシングジムに入門する。そしてある日不良に絡まれている女の子を助けるために自ら立ち向かって不良にパンチを浴びせて見事倒す。己に自信をもった満天は、以後本格的にボクシングに取り組み、その道を登り始めていく。