渡り教師

主人公・阿久太朗(あく・たろう)はあちこちの学校を転任しているはみ出し者の教師。常に生徒の事を、学校の事を第一に考える熱血漢ではあるのだが、熱血さのあまり行動や言動が行き過ぎて暴力教師、造反教師のレッテルを貼られ、一つの場所に落ち着けない渡り鳥ならぬ「渡り教師」となっているのであった。そんな状況にもめげず阿久はひたすら生徒のため、学校のためを思い、新しい赴任先で奮闘を続ける。