河童シリーズ

鳥取県境港市出身の水木しげるは、小学生のころにミイラ化したか河童らしきものを目撃している。妖怪物を得意とするようになった水木が河童と人間の相克をアイロニーを込めて描出する。