江戸っ子ボーイ がってん太助

太助達は子供ながら「刑事の卵」でもあり、大江戸捕物学院(刑事養成学校で、現代の警察学校のようなもの)に通いつつ、大江戸一の“刑事(でか)っ引き”(「刑事(=デカ)」と「岡っ引(おかっぴき)」を組み合わせた造語)になる事を目指すべく奮闘する。