水平線のシャチ

南の島に住む少年シャチは、人魚を見たという亡き父の言葉を信じて、人魚を探しています。ある日、島は密漁団に襲われ、シャチの祖父は殺され、ガールフレンドもさらわれてしまう。密漁団は人魚を狩るために島を訪れたのです。彼らとの戦いの中で、シャチは実は自分の母親が人魚だと言うことを知るのでした。