死者の招き

とある宿の一室に泊まると悲観的で厭世的な感情に襲われ、生者を死に引きずり込もうとする死者の声が聞こえてくる。「真実なものは、死だけだ。そこにはガンもなければ歯痛もない。食う心配もなければ絶望も不安もない。さあいこう。幸福な死の世界へ……」