森口織人の帝王学

埼玉県にあるフリーダムな校風の 「吝華高校」 に転校してきた平凡な高校生・森口織人は、転校初日に生徒会副会長の遥奈原初雪と偶然出会う。 被害妄想が強く、素肌に触れられるとその妄想の画が相手に伝わってしまうという初雪の秘密を知ってしまった織人は、初雪の被害妄想に振り回されながらも彼女を助けることにしたのだが……。