未来警察ウラシマン

警察に追われていた男は車ごと崖から落ちてしまうが、次の瞬間、西暦2050年の大都会ネオトキオにタイムスリップしていた。記憶を失い浦島リュウと名乗ることにした男は、ある特殊な能力を持っているらしく、ネオクライムと呼ばれる犯罪組織に誘拐されそうになる。その時に関わったことがきっかけで、リュウは刑事となる。