未来さん

時代は、寿命を考えるとちょっと見ることできないかな……という未来。そんな時代、大学で人工生命学を学びはじめた高橋亜鉛子(眼鏡っ娘)の日常SF。懐かし目の未来テイストです。