未成年J

2001年、渋谷エリアで次々に少年犯罪が起こりはじめた。事件の手がかリは犯人のもとに届いていたメールと街中に流行りだした0マークのみ。大人では事件を理解できないと考えた警視庁は、渋谷育ちの少年、羽渡隼矢に目をつけた。渋谷の街を救うため、隼矢は拳銃を握った!