木漏れ日の並木道

大学生の中里光一は、運命的に出会った未来と学生結婚したが、不治の病に冒されていた未来は一人娘・さくらを出産後に亡くなってしまった。それから3年、未来をひたすらに想い、さくらを生きがいに頑張る光一だが、アパート「すめらぎ」や近所の女性たちと過ごす日々の中で、その気持ちは少しずつ変化していく。