星屑の少年たちへ なにわの思春期外来奮戦記

死刑制度を扱い、平成19年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した『モリのアサガオ』、裁判員制度を扱い、テレビドラマ化された『サマヨイザクラ』の次に郷田マモラがテーマに選んだのは、臨床心理士。新米臨床心理士の十文字南は、大阪の下町にある思春期外来で働き出した。南のもとには心を病んだ少年少女たちが次々にやってくる。そして、南は少年たちによる連続殺人事件に巻き込まれていく……。