星をつかみそこねる男

浪人募集にだまされ京都へ来た近藤勇らは、いくつかの歴史の波に巻き込まれ気付いた時には佐幕側の有名人になっていた。しかし、時代の波は次第に新選組にとって悪い状況となってゆき、運命は星をつかみそこねる方向に進んでいた。