推理の星くん

殺人容疑をかけられた、無実の少女「兎野 月子」。彼女は、探偵へ助けを求めようと探偵事務所を訪れる。月子が天童探偵事務所で出会ったのは「天童 星」。彼は、月子と同年代でありながら探偵事務所を開く、優れた推理力を持つ少年だった。星は、月子が無実であると推理、助けを求める月子の依頼を引き受ける。星は、事件を解決し月子の無実を証明するのだった。