悪魔が夜来る

昔々あるところ(の地面の下)に、もぐらの父子が住んでいました。倅はいつも絵本ばかり読んでいる変わり者で、死んだお母さんもぐらと地面の上に出たときに見た天使を思い描いたり、夢に見たりしていました。お父さんが死んだあと、その天使が尋ねてきて、二人は仲良く幸せに暮らしたのですが、退屈になった天使は「地上に帰る!」と言い出して…。