恐竜くん

中学時代、走り高跳びで注目された身長のデカイ恐木竜二は、高校へ進学すると水泳部に入部する。テレビで金メダルを掲げる水泳選手に憧れたためだったのだが、竜二は水泳に関しては初心者だった。水泳の名門である青葉学園には、中学時代に名をはせた選手がたくさん入部してきており、中でも愛須巧は抜群の才能を持っていた。その愛須と水泳のレースをすることになった竜二は、泳ぎは当然あまり速くはないのだが、足のバネを活かしたターンで一気に差を縮めるのだった。