怨獄紅

『肉奴隷の少女の復讐の炎、呪殺の願掛けに励む女の過去、我が子の首をはねた母の狂乱……。目を背けてはいけない。ここに描かれているのは人間の本性そのものなのだから……』人間の残酷な本性や情念、因業な罪深さを鋭く描いた作者の出世作。