妖怪HUNTER

「妖怪ハンター」の異名を持つ異端の考古学者、稗田礼二郎。そんな彼のもとに、かつて稗田が大鳥町の「鬼祭り」を研究した際に協力してもらった地元青年団の二人が現れる。聞けば、彼らはその「鬼祭り」を観光事業として復活させるためにぜひ、稗田に監修を頼みたいというのだ。自らの学説の正しさを証明するため依頼を引き受け大鳥町に訪れた稗田だったが、大盛況の「鬼祭り」のさ中、突然異形の“何か”が現れる―――!!