奴の名はMARIA

私立天林高校に、文部省のコンピューターによって優れた教育力を持つ人間の中から選ばれたスーパー教師・四方堂麻里亜が赴任することになった。しかし、実際に赴任したのはコンピューターのミスで間違って通知を送ってしまった同姓同名の別人であった。金目当てで赴任した怪力女の麻里亜が、的外れの行動をしながらも結果的に校内の問題を解決していく。