女神さまのいうとおり

とある下町のボロアパートに暮らすアケミ。自由奔放、豪快無比だが、少々色っぽい。そんなアケミの前に現れる男たちは、少々「難」あり。まるでアケミに引き寄せられるようにアパートに入り込み、一夜を共にする。男たちにとって、アケミは「女神のような人」だった。それは優しさなのか、そうでもないのか? もし、貴方の目の前に、女神が現れたら…?