天そぞろ

安政七年(1860年)、黒船来航から8年後の江戸。売れない浮世絵師の源吾は千里眼を持つという謎の女・楓と出会って、ある絵の執筆を依頼される…彼女が描いて欲しいというのは、幕末を揺るがす大事件「桜田門外の変」であった! 彼女の目的とは一体なんなのか!?