夢人

少女雑誌の編集者F――29歳。妻のY子に男の子と女の子の子供がふたり。“幸せということばがあるとしたら…今…”――そんなFの前に現われたM子。そしてかつての恋人S子の結婚と死産…。青春をひきずりながらも、やすらぎを求めて女性(ひと)を愛する男の心の断面を、繊細なタッチで描き出す。