四月八日のまえがきに

四月八日 月曜日。高校2年生 始業式の朝。はじまりの季節に何かが起きる予感を覚えながら、食パンを口にくわえた少女岩瀬由佳はいつもの通学路を走り抜けた。あの曲がり角を過ぎれば、世界が彼女を忘れるとも知らずに――!!