合歓リポート

小春日合歓は感受性豊かな子で、環境の日々の変化を臆病なほどに恐れていた。ある時、友達が原因不明で死んでしまったのだが、同じような症状・場所で、また人が死んでしまう。なにか原因があるのではないかと考えた合歓が調査をすると、濃い酸性雨が気象の関係で酸の霧となってあたりに漂うことが判明する。その霧に包まれ命の危険が合歓に迫ったとき、奇跡的に雷が落ちて霧が晴れるのだった。