原始少年リュウ

人類と恐竜が共存する原始時代のような世界で、一人の赤ちゃんが生まれる。しかしその赤ちゃんは肌が白いために、村に災厄をもたらすといわれ捨てられてしまう。赤ちゃんはリュウと名づけられ、猿人に育てられ成長し、ランと出会う。しかし、その肌のために他の人間たちからは嫌われていた。