元気やでっ

平凡な女子中学生の佐伯幸子は、クラス内での席替えで伊藤達3人組と同じ班となる。伊藤達3人組は小学校の頃の友人だったために仲が良く、同じ班の一員として仲良くしようと考えた幸子は伊藤達の頼みを断らずに何でも聞いていた。しかし、そのことが次第にエスカレートして、ついには幸子へのいじめに変わっていく。いじめは伊藤達に留まらず、幸子のクラス全体に広まり、担任の教師すら嫌がらせに加わる事態になる。担任にも裏切られた幸子はついに不登校になるが、親友の優香や教育実習生としてやってきた榊らに支えられながら、自身のいじめ問題に立ち向かう決心をする。