余の名はズシオ

少年・ズシオは、大陸を統べている帝国の第一王位継承者だった。しかしながら家臣の反乱によりズシオは両親を殺され、王権を奪われ、お尋ね者となり、逃亡生活を続ける羽目になる。そんな中、ズシオは奪われた王権を取り戻し、王になることを決意する。しかし帝国は滅び、大陸の平和は破られた。戦乱の世の中で、ズシオ達の旅が始まる。