伝鬼活人剣

戦国時代末期、織田信長は宿敵である本願寺を大軍勢で包囲していた。本願寺の顕如上人は、その危機を打開するため、密書を持たせて娘の美緒を使いとして出す。一度は秀吉に捕らわれたが、なんとか逃げている道中、塚原ト伝より新当流の奥義を伝授されたという大きな剣士・伝鬼と出会う。美緒の護衛役の本多静馬の弱弱しさなどを見咎めて、伝鬼も護衛役として同道することになる。しかし、秀吉の家臣・蜂須賀小六正勝の戦闘忍者集団が次々と襲い掛かってくるのだった。