代打屋トーゴー

本作の主人公トーゴー、本名吉本大介(よしもと だいすけ)はふたつの顔を持ち、普段は土木課に勤める地方公務員、正規の労働時間である8時間のうち1時間しか働かないことからパァピンと呼ばれている。しかし、彼のもう一つの顔はパーフェクト・ピンチ・フォローオフィスの所長、代打屋トーゴーである。殺人と営利誘拐を除くあらゆる「代打稼業」を幾多の依頼人から請け負い、毎回、自身の知力と体力、そして的確な判断と機転によって完璧に遂行する。本名は吉本大介(よしもと だいすけ)。彼はふたつの顔を持ち、普段は土木課に勤める地方公務員、正規の労働時間である8時間のうち1時間しか働かないことからパァピンと呼ばれている。しかし、彼のもう一つの顔はパーフェクト・ピンチ・フォローオフィスの所長、代打屋トーゴーである。殺人と営利誘拐を除くあらゆる「代打稼業」を幾多の依頼人から請け負い、毎回、自身の知力と体力、そして的確な判断と機転によって完璧に遂行する。