乙女画報

女性社員ばかりの会社にたった一人の男性社員として入社した芽吹カケル。黒一点の男として、頼もしがられるつもりが、たちまち女性社員のパシリ。でも、どっちを向いても女、女、女、仕事より先に女扱いを覚えてしまうのでした?