世界擬人化計画colors!!

作品中で擬人化したものは多岐に渡ります。その対象はモノだけではなく、“科目”や“萌え”という概念まで…想像してみてください。もしも毎回何かを擬人化しなくてはならない恋愛漫画の連載が存在したとしたら…?それが長期連載となり、無茶なモノまで擬人化しなくてはならなくなったとしたら…?この作品はそんな難題に挑む漫画家と編集者の物語なのですが、しかも作品の中ではだいぶこじらせている編集者がより打ち合わせを迷宮へと誘うのです。漫画家と編集者の仁義なき戦いを描いた前代未聞の“擬人化”漫画、超待望のリリースです!