万年雪のみえる家

1970年代末の北海道の雪深い一地方(最寄の「都会」は旭川市)で、山川家の長男として育った中学3年の大地は、模擬試験の成績は道内1位、全国5位という優秀さで、周囲の期待を一身に背負う存在だった。しかし、一家の大黒柱、父・平原が職場の事故で入院したことで、大地は高校に進学せず、長男として一家を支えていくことを決意する。その決意は周囲に波紋を広げるが、さらなる不運が山川家を襲う……少年の自立と、家族の絆を描いた青春ドラマ。