ヴィルトゥス

時は西暦185年。栄華を極めし古代ローマ帝国は、政事を顧みず、闘技に明け暮れる第17代皇帝・コンモドゥスによって荒廃しつつあった……。ローマの未来を憂える側室・マルキアは時を操る秘術を用い、失われしローマ人の至高の魂「ヴィルトゥス」を抱く男を未来より召還する。選ばれたのは―――柔道世界王者にして父親殺しの罪で収監されていた日本人・鳴宮尊だった……!!数奇な運命に翻弄されし男の物語、ここに開幕―――!!