ラプラスの魔

1924年アメリカは、ボストン近郊にある、片田舎の街、ニューカム。この、何の特徴も無い寂れた街で、恐ろしい事件が起こった。町外れにある幽霊屋敷を探索に行った2人の少年が、無残な姿で殺され、一緒にいたエイミーと言う少女が行方不明となったのだ。アメリカ中の注目が、このセンセーショナルな事件に集まった。警察は、大々的に捜査を行ない、新聞も、連日の様に事件の情報を求める記事を載せた。にもかかわらず、手がかりは何一つ無く、謎は深まるばかりだった。しかし、街の人達は、幽霊屋敷の持主であり、今は行方不明となっているベネディクト・ウェザートップが犯人だと、噂しあっていた。そして君は、不可解な事件に興味を覚え、調査する為に、ニューカムの街を訪れたのであった。