ライバル

「一条学園」に転校してきた桑田平助はスケベで女好きな高校生。ボクシング漬けの生活を嫌って、父のライバルだった水上家の居候として転がり込んだものの、そこでボクシング好きの同級生の娘、羽美と出会う。学園に転校早々から羽美のことでボクシング部に目をつけられた平助は主将と戦うことになるが、平助は天性の力であっさり主将をKOしてしまう。それにより平助は強制的にボクシング部に入部することになる。そして練習試合先で強敵「姫野」に出会ったことで平助は本格的にボクシングを始めていく。