モザイク・ラセン

少女、美羅は幼いころから不思議な夢を度々見るようになっていた。それは不安な夢であり、美羅が鳥になって空を飛び、谷間に近づくと黒い鳥がいるのである。その黒い鳥は少年で、美羅のことをミリディアンと呼び助けを求めて叫んでいる。不思議な夢は年月が経っても夜毎見るようになっていたが、美羅がイギリスで女学校生活をするようになったある日、黒い鳥の少年は夢の中で不吉な断末魔を残したまま突然姿を消し、それからその夢を見ることはなくなった。その夜から3か月経った頃のこと、女学校の音楽の授業中に友人に見せられた写真の少年、ラドリ・マッキャベリは美羅が夢の中で見た黒い鳥の少年そっくりの顔をしていた。調律のため音叉を鳴らしていた美羅は、「共鳴(レゾナンス)」と言った瞬間に気絶してしまい、ラドリが火事で炎にまかれ、人間ではない得体の知れぬものに襲われている夢を見る。