ミエリーノ柏木

とあるカフェの従業員である柏木は、体に触れるとその相手の恋愛の近未来が見えてしまう特殊能力を持っている。しかし柏木は、見えたそのシーンの幸・不幸さえよくわからないほどの恋愛音痴。柏木が勤務するカフェは、「別れさせ屋」が裏稼業であり、男女のさまざまな恋愛模様を目の当たりにしていく。柏木が恋愛の本質を体得し、人間的に成長していく姿を描く。