マリーベル

フランス革命期のフランスを舞台に、主人公の少女マリーベルが様々な人たちとの出会いの中で演劇の道を歩んでいく姿を描いた作品。実在した歴史上の人物も登場し、マリーベルが探すこととなる生き別れの兄・アントワーヌはフランス革命に参加したルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストであり、彼女はその妹という設定である。