マジン・サーガ

平凡な主人公・朱紗真悟は、中学時代からの片思いの相手である美少女・雪代小百合に誘われて超能力クラブに入部。小百合から告白されて「実は両思いだった」ことを知り、裏山で至福の一瞬を過ごす。しかし不良学生・青沼のグループが小百合に邪な目をつけており、その場で彼女は連れ去られて凄惨な輪姦を受け、真悟は叩きのめされて彼女を救えなかっただけでなく、陵辱を受けた小百合の姿を見せ付けられて精神的にも打ちのめされる。事件後小百合は行方をくらまし、失意と憤りの中で真悟の超能力は急速に覚醒していき、穏やかだった性格も変わっていく。青沼らを倒して高校を牛耳り、物語は暴力集団「不死団」や超能力者グループとの戦いへと発展していく。