マイコン電児ラン

新型マイコン、マイコンショップ、新型ゲームが次々に登場し、無法と混乱に支配されるマイコン戦国時代。主人公・嵐 ラン(あらし ラン)は、マイコンは誰でも使える物と信じ、マイコンの楽しさ、面白さ、素晴らしさを人々に伝え続ける。そんな彼の前に、マイコンを使ってランたちの学校の支配を企む優等生・那智 江梨人(なち えりと)や、超巨大コンピューターによる世界支配を企む闇の組織・エレクトロンなど、強敵が次々に立ちはだかる。