プレゼント・フロム LEMON

売れない演歌歌手・沢口桃次郎は敏腕プロデューサー・大崎厳の協力の元、自らが作詞作曲をした「男の道」でついに大きなチャンスを掴む。だが桃次郎は「男の道」を歌うためのステージに上がろうとしたその瞬間に心臓発作を起こし、そのまま絶命してしまう。それから10年、桃次郎の遺志を継いだ沢口麗紋(レモン)は亡き父の遺した「男の道」を引っさげ、演歌歌手としてデビューするために大崎を頼ろうとするが、その対応は酷く冷たいものであった。デビューする当てを失って途方に暮れるレモンに手を差し伸べたのは、かつて大崎に潰された元アイドルにして弱小プロダクション社長・秋野このえだった。彼女のプロデュースでレモンの芸能界デビューは決定したものの、それは演歌歌手ではなくアイドルとしてだった。