ブロンズの天使

舞台は19世紀帝政ロシア、ロマノフ王朝。天才詩人と謳われたプーシキンは、社交界デビューしたばかりの若く美しい少女・ナターリアに恋をした。ナターリアは、没落貴族となってしまった一家の再興を望む母親の期待を背負っており、貧乏詩人・プーシキンの求愛を受けるわけにはいかないと考え最初は拒絶する。が、その情熱的でどこか強引なプーシキンに戸惑いながらも少しずつ惹かれていく。ナターリアの母の反対も乗り越え、2人は徐々に愛を深めていく。しかし、プーシキンの作品は、帝政下のロシアでは政治的に危険視され、皇帝からも目をつけられ、厳しい検閲を受けては出版停止を繰り返される日々が続く。そんな中、フランスの兵隊だったジョルジュ・ダンテスがロシアの社交界にやってくる。金髪碧眼の美青年だったダンテスは、たちまち貴婦人たちにモテモテに。ナターリアの姉・エカテリーナもまたダンテスに想いを寄せるようになる。ナターリアは、今まで迷惑をかけてきた姉のためにとダンテスに近づく。ところが、ダンテスはナターリアに想いを寄せるようになった。ナターリアも初めはダンテスの求愛を拒絶していたが、次第にダンテスのことを愛するようになり、やがて2人は愛し合うようなる。家族のことを思い、ダンテスの激しい求愛を避けるようになるナターリア。しかしその恋心はやがてプーシキンの知るところとなり、美男美女の2人の恋は社交界の注目の的となる。そしてプーシキンはついにダンテスに決闘を申し込む。ダンテスがエカテリーナとの結婚を選ぶことで決闘の件は一度は白紙に戻る。しかし結婚後もナターリアのことを諦めきれないダンテス。エカテリーナの結婚式でダンテスを想い、涙を流すナターリア。未だに想い合う2人を見たプーシキンは、再びダンテスに決闘を申し込む。2人の運命は……!?