ファミコンランナー高橋名人物語

連載前半は青年時代=現在の名人が日々の出来事から少年時代の自分を回想し、その活躍を描いた後、現代側でオチが付くという一話完結構成。後半からは現在の名人の活躍が中心となり、悪の組織との戦いや秘境での冒険などがそれぞれ数回にわたって描かれるという、バトル要素の強い作風になっていった。