ピアノドクター

父の死をきっかけに日本に帰国した調律師の織斗は、生前の父が暮らしていた小さな町でピアノ調律の仕事をしながら、幼い頃に失踪したピアニストの母・奏の行方を追うことを決める。織斗の調律は、人々の関係性もほぐしていく。