バラ餓鬼

西暦一八五〇年――。世は動乱の兆しが見え始め、逆らいがたい時代の大きな流れの中にあった。そんな否応なしに突きつけられる現実に憤り、己の無力に自問自答を繰り返す少年。土方歳三・十五歳――。のちの世を震撼させることとなるその熱き魂が今、走り出す!