ハングドマン

聖暦100457年、精霊界グラズヘイム 。-人間すべてが自らの体に魔力を宿す世界。 悪名高き統治者・皇帝ロキ17世は、世界に名だたる 8強種族から闘士を招集し、武闘会を開催した。 のちに“第七次ラグナロクのはじまり”ともいわれたこの闘いに 、ある思いを胸に秘めた謎の闘士・エーギルが挑む-。