ハツカネズミの時間

隔離された学園都市 作られた日常 操作された記憶、学園の名を借りた実験施設 自由への逃走——培養された天才児たちの反乱。僕たちは学園から“自由”という出口に向かって走り始める。迷路で走り続けるハツカネズミのように。