ハッスル

祇園の舞妓リンダは、プロレス好きと一風変わりながらも、確かな人気を誇り将来を有望されていた。引退していた憧れのプロレスラー山吹涼子の復帰と新団体設立が決まり、意を決して試験に参加したリンダは見事に合格し、人間関係から祇園に後ろ髪を惹かれながらもプロレスラーとなる事を決意する。