ハイエナ小町

自由な校風で知られる私立・綾重学園には、生徒たちが学園中で特ダネを探し回り、スクープ合戦を繰り広げる「学園報道」という奇妙な伝統があった。そんな学園報道に熱中する新聞部部員・大澄きららは、兄の大澄ひびきの生徒会長就任に伴い、広報委員に抜擢される。きららの初仕事は、映画研究会のマドンナ、黒沢姫子が出演を拒否するようになった理由を探ることだった。学園情報誌によるマドンナ・バッシングが繰り広げられる中、きららはマドンナのもとに、単身で乗り込んでいく。それが、きららの記者としての本当の人生の始まりだった。そして、きららはスポットを浴びることのない、多くの人々と知り合っていく。