ドラグ恐竜剣

人型に進化した恐竜達により、人間は「駄民(ダミー)」として虐げられていた。物語の主人公であるドラグ万竜は、そんな人間達を思いやる傍ら、師の仇を討つため、放浪の旅をしていた。その道中、市場で暴れまわっていたならず者の恐竜人達を持ち前の剣術で一人残らず成敗。すると、それを見ていた人間の少年、トントは彼に弟子入りを志願する。初めは弟子入りを断った万竜だったが、トントの熱意に押され、同行を許す。かくして、ドラグ万竜とトントの冒険が今、始まるのであった。